安心で安全なカラー

August 08 2018

 

いきなりなのですが、みなさんはカラーをする際、沁みてしまった事はありますか?

 

最近の急激な気温変化の影響もあるのか、沁みてしまう方が増えた様に感じます。

 

中には「沁みるのが普通だと思ってた」と、

おっしゃっていたお客様もいました。

 

カラーをするには薬品を使用します。

髪を明るくする作用、色を発色させる作用、様々な科学反応がある為、確かに多少の刺激は生まれます。

 

ですが、頭皮がかぶれた。赤みが残った。フケがでる様になった。

これらは普通の反応と言えるでしょうか。

 

メーカーさんの力により、カラー剤の刺激はかなり軽減されてきています。

アルクでも極力優しく、色味が良いものをスタッフみんなで選定し使用しています。

あとは技術力です。

 

「ゼロテク」という技術をご存知でしょうか。(ゼロタッチとも言われていたりします)

 

一言で分かりやすく言うと「薬剤を頭皮につけないで塗る技法」です。

 

従来のハケを使って塗布していくのではなく、

専用のコーム(くし)を用いて、根元につかない様にギリギリから塗っていきます。

頭皮に薬が付かないので、お客様は沁みる事がありません。

「いつ薬が反応してるのかわからなかった」と、言っていただく事もあります。

 

この技術は、美容師ありきの施述の為、決してホームカラーでは真似する事ができません。

美容室ならではの施術と言えます。

グラデーションなどの操作もしやすく、地毛との馴染みも取りやすいです。

 

 

 

美容師にとっても、もちろんお客様にとっても、良い事ばかりの「ゼロテク」

 

「ではなぜこの塗り方が普及してないの?」

そう感じていただいた方もいると思います。

メリットばかりなのですが、2つだけポイントがあります。

 

1つは、あくまでも根元ギリギリだという事。

少しだけは地毛の部分(1〜2ミリ程度)が残りやすくはなります。

ファッションカラーですと気になる事はありません。

ですが、グレイカラーで白い部分が30%を超えていると馴染ませるのが難しくなると言われていました。

 

2つめは細かい作業になるので、少し時間をいただいてしまう事。

地肌につけない様、丁寧な施術になるため従来のカラーより少し時間は長くなります。

 

この2つがなかなか「ゼロテク」が普及していない理由だと思います。

ですがこれはあくまで、僕たち美容師の技術力の問題です。

 

アルクでは、全てのお客様に「安心で安全なカラー」を楽しんでいただく為、

従来の塗布と同じ様に「ゼロテク」も習得しています。

習得するだけではなく、先ほど挙げた課題もお店全体で取り組んでいます。

 

その甲斐あってか、

「根元が伸びるのが気になる」「沁みている」「後日調子が悪くなった」

などのデメリットな声はほぼ挙がることはありません。

 

一度でも沁みてしまったり、アレルギー反応がでてしまった方にこそ

アルクでの「ゼロテクカラー」をオススメしています。

通常カラー料金にプラス1080円(税込)で変更可能ですので、

お気軽にお申し付け下さい。

 

髪にはもちろんですが、頭皮、身体にも優しい

「安心で安全なカラーリング」を是非。

 

 

—————————————————————
中目黒 池尻大橋の美容室
alku -hair salon-
http://alku.co/
住所:東京都目黒区東山2丁目3-4 lily東山2F
TEL:03-3760-6372
メールでのご予約は
alkuhair@gmail.com迄お願いします。
希望日時・担当者・メニューの記載をお願い致します。
折り返し確認のメールを致します。
—————————————————————-

alku instagram

alkuは各種撮影のスペースとしても使用頂けます。
CMに使用されたり、ファッション雑誌・ヘアカタログの撮影まで幅広く対応できます。
木・レンガ・タイル・本・ビンテージスピーカー・植物など色々な空間有。
ご興味ありましたらmailにてお問い合わせください。
alkuhair@gmail.com

alku instagram